根管治療ができない歯|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-1 緑地ステーションビル1F
Tel. 06-4867-4850
Tel. 06-4867-4850
WEB予約
ヘッダー画像

歯科コラム

根管治療ができない歯|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

根管治療ができない歯

根管治療ができない歯

こんにちは。豊中市の歯科医院(歯医者)髙井歯科クリニック院長の髙井駿佑です。

今回は、根管治療を行いたくても行えない状況について、お話いたします。

 

歯を残すための最後の治療である根管治療

根管治療は、一般的にはむし歯が重度に進行した場合に必要となる治療です。

そして、根管治療がうまくいくか失敗するかが、歯の寿命に大きく影響します。

当院では歯内療法学会専門医である歯科医師が治療を担当いたします。

これまでに多くの根管治療を経験してまいりましたが、その中には、どうしても治療を行うことが難しい歯というものがあります。

 

根管治療を行うことができない(あるいは予後が悪い)歯

むし歯が非常に深くまで進行している歯

歯自体が割れてしまっている歯

 

むし歯が深くまで進行している場合、抜歯の可能性が高い

むし歯が深くまで進んでいると、根管治療を行うために必須であるラバーダムがかけられない状況になります。

そのような場合には、根管治療を行うことができず、残念ながら抜歯となることがあります。

しかし、歯の部位や骨の状況によっては、歯ぐきの外科処置を行うことで、深いむし歯であっても根管治療が行える可能性もあります。

 

歯自体が割れている場合、保存は極めて難しい

歯が割れていると、割れている部分に細菌が住み着き、治癒が期待できなくなります。

さらに、無理に根管治療を行うと、割れている部位から治療で使用する薬液が漏れ出たりするため、非常に危険であるといえます。

わずかなヒビ(クラック)であれば、予知性の低さを患者様ともご相談した上で治療方針を決定しますが、完全に歯が割れているような場合には、抜歯が第一選択となります。

 

 

根管治療のご案内はこちら

 

〔 歯内療法学会専門医 大阪 根管治療専門医 豊中 歯 保存 抜歯 破折 むし歯 大きい 歯を残す治療 〕

TOP