歯に穴が開いた時(パーフォレーション)の対処法|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-1 緑地ステーションビル1F
Tel. 06-4867-4850
Tel. 06-4867-4850
WEB予約
ヘッダー画像

歯科コラム

歯に穴が開いた時(パーフォレーション)の対処法|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

歯に穴が開いた時(パーフォレーション)の対処法

歯に穴が開いた時(パーフォレーション)の対処法

こんにちは。豊中市緑地公園の歯医者(歯科医院)髙井歯科クリニック院長の髙井駿佑です。

今回は、歯に穴が開くパーフォレーションが認められた時の対処法についてお話いたします。

 

歯の中から、空いた穴の部分を材料で封鎖する

基本的に、歯に空いた穴は固い材料を使って封鎖します。

封鎖にはいくつかの材料が候補として挙げられますが、第一選択として、MTAセメントという材料を使用します。

空いた穴の部位と大きさが予後に影響する

穴が開く部位が深い部分であれば、封鎖することでも比較的良好な予後が期待できます。

一方で、歯ぐき近く(歯の頭の部分近く)に穴があくと、歯周ポケット(歯ぐきに溝)と交通してしまい、口腔内の細菌が持続的に歯の根の中に侵入する経路が出来上がってしまいます。

浅い部分で穴があくと、予知性(成功率)は下がります。

また、空いた穴が大きければ大きいほど、修復材料での封鎖が難しくなります。

 

 

歯に穴があいてしまっても、保存が可能な場合もあります。

前回のブログでもお伝えしたように、成功率は決して高いとは言えませんが、大切な歯を残すために、当院ではできる限りの処置を行っています。

歯に穴があいたと説明を受けお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

根管治療のご案内はこちら

 

〔 歯 穴があいた 治療法 パーフォレーション MTAセメント 埋める 大阪 歯内療法学会専門医 豊中 根管治療専門医 千里中央 根の治療 桃山台 緑地公園 吹田 江坂 〕

 

TOP