白いかぶせ物(CAD冠)とそのデメリット|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-1 緑地ステーションビル1F
Tel. 06-4867-4850
Tel. 06-4867-4850
WEB予約
ヘッダー画像

歯科コラム

白いかぶせ物(CAD冠)とそのデメリット|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

白いかぶせ物(CAD冠)とそのデメリット

むし歯治療で使う白いかぶせ物(CAD冠)

こんにちは。豊中市緑地公園の歯医者(歯科医院)髙井歯科クリニック院長の髙井駿佑です。

今回は、CAD/CAM冠という、むし歯治療で使う白いかぶせ物についてお話いたします。

 

保険診療でも白いかぶせ物が可能

以前までは、奥歯のかぶせ物を治療する場合、ほとんどは金属しか選択肢にありませんでした。

しかし、近年では国の決定により、保険診療でも白いかぶせ物を入れることができるようになりました。

これを、CAD/CAM冠(きゃどきゃむかん)と言います。

CADとは、機会でデータを読み取ること、CAMとは、機械でかぶせ物を削りだすことを意味しています。

 

CAD冠の利点と欠点

CAD冠の利点

・保険で白い見た目が得られる

 

CAD冠の欠点

・歯を削る量が多い

・材料が割れたり、取れたりするリスクが高い

・かぶせ物の表面にプラークがつきやすい

 

保険の白いかぶせ物は、見た目以外はデメリットも多い治療方法

歯の寿命や健康、治療したかぶせ物の予後を考えると、CAD/CAM冠はあまり優れた選択肢であるとはいえません。

とはいえ、保険診療で白いかぶせ物が可能というのは大きな利点であることは間違いありません。

当院では、歯の健康を考えて、CAD/CAM冠は積極的には推奨していません。

詳しくは、ご来院時にご相談ください。

 

むし歯治療のご案内はこちら

 

TOP