妊娠中は歯ぐきが腫れる?|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-1 緑地ステーションビル1F
Tel. 06-4867-4850
Tel. 06-4867-4850
WEB予約
ヘッダー画像

歯科コラム

妊娠中は歯ぐきが腫れる?|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

妊娠中は歯ぐきが腫れる?

妊娠中は歯ぐきが腫れる?

こんにちは。大阪府豊中市緑地公園の歯医者(歯科医院)、髙井歯科クリニックです。

今回は、妊娠中は歯ぐきが腫れる?いうお題でお話いたします。

妊娠時に起こりやすいお口のトラブル

1、歯ぐきに腫れや出血がある

2、冷たいものや熱いものがしみる

3、歯や歯ぐきに痛みがある

4、唾液が粘っこい感じがする

5、気分が悪く、歯みがきができない

6、食事回数が増えて、歯垢が溜まりやすく感じる

妊娠期には、女性ホルモンが急激に増加することで、歯周病の細菌が増殖しやすくなります。また血管の透過性が高まり、唾液の粘性が高まります。口腔の自浄性が低下するので歯肉の腫れや出血が起こりやすくなります。これを妊娠性歯肉炎と呼ぶこともあります。また、妊娠期につわりがある場合、なかなか歯磨きが今までのようにできないこともあります。さらに食嗜好の変化、胎児の発育による食事回数の増加とそれに応じた口腔ケアが不足しがちです。妊娠期は、お口の環境は悪化しやすく、むし歯や歯肉炎、歯周病のリスクは高くなると言えます。

食事や間食の回数が増すので、食後の歯みがきやうがいをこまめに行うようにしましょう。つわりの時には、できるだけ気分のよい時に歯みがきを行い、磨けない時はうがいをしましょう。つわりがひどい時は、ヘッドの小さな歯ブラシを使ってみてください。つわりが落ち着いたら、妊婦検診や歯のクリーニングに歯科医院を受診することをおすすめします。

【大阪府豊中市 歯科 歯医者 歯の神経 根管治療 予防歯科】

TOP