根管治療を受けた歯のかぶせ物|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-1 緑地ステーションビル1F
Tel. 06-4867-4850
Tel. 06-4867-4850
WEB予約
ヘッダー画像

歯科コラム

根管治療を受けた歯のかぶせ物|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

根管治療を受けた歯のかぶせ物

根管治療を受けた歯のかぶせ物

こんにちは。豊中市緑地公園の歯医者(歯科医院)髙井歯科クリニック院長の髙井駿佑です。

今回は、根管治療を受けた歯のその後の治療方法についてお話いたします。

 

根管治療を受けた歯は割れやすい

根管治療は、治療に伴って歯の内部を一定量切削する必要があります。

それによって、将来的に歯が割れる歯根破折のリスクが上昇します。

歯根破折を起こすと、ほとんどの場合歯を残すことはできず、抜歯となってしまいます。

そのため、歯根破折を防ぐために、奥歯の根管治療歯の場合、全周かぶせ物で覆うクラウンをかぶせる必要があります。

 

前歯は詰め物だけで終えることができる場合も

過去の様々な研究によると、前歯に関しては、必ずしもクラウンにする必要があるわけではないことが明らかになっています。

つまり、「前歯で、元のむし歯が比較的小さければ」根管治療後にレジンによる詰め物で治療を終えることができます。

 

奥歯はクラウンの有無で破折リスクに5倍の差

前から4番目よりも後ろの歯は、根管治療後にクラウンにするかレジンで詰め物にするかにより、歯が将来破折するリスクに数倍の差が生じます。

歯を削るデメリットはもちろんありますが、それ以上に、歯そのものが割れてしまう歯根破折は致命的なダメージとなります。

メリットとデメリットを天秤にかけて最終的には判断しますが、奥歯についてはクラウンをかぶせた方が安心だといえます。

 

根管治療のご案内はこちら

 

〔 根管治療 豊中 治療後 かぶせもの つめもの どちら 大阪 歯内療法専門医 根の治療 千里中央 江坂 〕

TOP