歯ブラシとフロスはどちらを先にすべき?|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-1 緑地ステーションビル1F
Tel. 06-4867-4850
Tel. 06-4867-4850
WEB予約
ヘッダー画像

歯科コラム

歯ブラシとフロスはどちらを先にすべき?|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

歯ブラシとフロスはどちらを先にすべき?

歯ブラシとフロスはどちらを先にすべき?

こんにちは。豊中市緑地公園の歯科医院(歯医者)髙井歯科クリニック院長の髙井駿佑です。

今回は、歯ブラシとフロスの順番についてお話いたします。

 

エビデンスとしては、フロスを先にすべき

結論から申し上げると、歯ブラシとフロス(あるいは歯間ブラシ)は、先にフロスを使用することが推奨されています。

その理由としては、以下の通りです。

先にフロスを通して歯と歯の間の汚れを落とし、歯ブラシ使用時の歯磨剤(歯磨き粉)のフッ素が歯と歯の間に作用してくれるから

 

フロスを先に通す理由は、歯磨き粉のフッ素を作用させたいから

私たち歯科医療従事者でも、どちらかというと歯ブラシを先にしてからフロスを通す人が多い印象です。

実際、汚れ(プラーク)の除去という点では、どちらが先でもかまいません。

ただ、”せっかく歯磨き粉にフッ素が入っているなら、フロスで綺麗になった部位に浸透させたい”という理由から、フロスを先に通すことをお勧めしています。

 

フッ素はむし歯予防にとても重要な役割

フッ素を歯に作用させることは、歯の質を強化してくれるため、むし歯予防にとってとても重要です。

特にむし歯のリスクが高い患者様は、いつもの口腔ケアの順番を変えてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

〔 歯ブラシ フロス 順番 どっち むし歯 予防 フッ素 歯と歯の間 隣接面 豊中 緑地公園 歯科 〕

TOP