親知らず、抜いた後に注意した方が良いこと|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-1 緑地ステーションビル1F
Tel. 06-4867-4850
Tel. 06-4867-4850
WEB予約
ヘッダー画像

歯科コラム

親知らず、抜いた後に注意した方が良いこと|緑地公園駅の歯医者・歯科|【公式】髙井歯科クリニック

親知らず、抜いた後に注意した方が良いこと

親知らず、抜いた後に注意した方が良いこと

こんにちは。大阪府豊中市緑地公園の歯医者(歯科医院)、髙井歯科クリニックです。

今回は、親知らずの抜歯後に注意すべきことについてお話いたします。

親知らずを抜くと、麻酔が切れてくると必ず術後の痛みが出現します。痛くなってきた時点で痛み止めを服用し、安静にすることをおススメします。激しい運動は血行が良くなり出血しやすくなります。できるだけ控えましょう。抜歯当日のお風呂に関しては長風呂は控えた方が良いです。これも、お風呂で体が温まると血行が良くなり、出血しやすくなることがあります。また、少なくとも1週間ほどは禁煙・禁酒をすることが望ましいです。特に喫煙は治癒不全につながりますので禁煙をオススメします。

うがいは優しく、に気を付けましょう

抜歯をすると、抜いたところの骨は一旦むき出しのような状態になっています。通常は、そこに血がかたまり、かさぶたとなって(血餅)、徐々に治癒していきます。ところが、抜歯した数日間に強くうがいを何回もすると、血餅がはがれてしまい、骨が露出した状態が長く続くと、傷の治りが遅くなってしまうことがあります。これをドライソケットといいます。抜歯後数日間は血の味がするため、うがいをたくさんしたくなりますが、過度なうがいは傷の治りが遅くなる原因となります。ドライソケットは強い痛みを伴います。できるだけ優しくうがいをすることをおススメします。

ドライソケットにならないために

①うがいは優しく ②うがいは頻回しない ③禁煙をする ④傷口を触らない

この4つに気を付けて頂けると良いかと思います。

【大阪府豊中市 歯医者 歯の神経 根管治療 ラバーダム 】 

 

TOP